第349話

「我慢しないで、ノアだって、

 やりたいンでしょ!」

 グニュグニュとオレの背中に

柔らかく弾力のある胸を押し当て

てきた。


「う、うん……!そりゃァ~

 ………、やりたいけど!」


「意気地なしねぇ……!」

「だ、だって………」


「何もかも解放して、一緒に

 楽しみましょ!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます