第331話 パパには秘密

『大丈夫よ!パパには秘密に

 しましょ!』

 姫乃は僕に抱きつき耳許で

囁いた。

『あ!』

 バスタオル越しに柔らかな胸の

感触を味わった。

 カッと身体中が熱くなった。


 これまでに感じた事のない

興奮が僕の下半身に押し寄せてきた。


『あ、あの………』

 自分でも声が震えているのが

わかった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます