第329話 妖しい瞳に

『フフン、どうしようかな?』


『なンでも言う事をききます

 から……、許して下さい!!』

 僕は、土下座して謝った。


『そうね……。パパも出張から

 帰って来ないし……、

 私も寂しいの!』

 姫乃は、僕のアゴの下に手を

伸ばし、クイッと引き上げた。

『え?あの………』

 僕は、姫乃の妖しい瞳に

魅せられてしまった。












  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます