第327話

『何をしていたの?』

 姫乃はバスタオルで身体を

拭きながら訊いてきた。


 噎せ返る熱気と胸をときめかせ

るような芳(かぐわ)しい匂いが

漂ってきた。


『………』

 僕は何も応えられず、ただ

正座してうつ向いていた。

 何しろ股間が突っ張っている

状態だ。

 僕の目の前には濡れた大きな

果実が二つあった。

 パンパンに実の熟した白くて

柔らかそうな白桃が並んでいた。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます