第326話

『あ!』

 ヤバい!!

 バレてしまった。

 すぐさまドアを閉めようと

したが、時すでに遅かった。


『も~!何、覗いてるの!!』

 ドアが開かれ、ムッとした

熱気が流れてきた。

 濡れた身体のまま、目の前に

姫乃がいた。

 思わず、顔を伏せたが一瞬だけ

、美しく大きな胸を見てしまった








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます