第291話 劇団姫乃座6

「早く~!早漏のクセに、

こういう事だけ、遅いンだから!

!」

 姫乃が急がせた。

「オレはノアと違って早漏じゃ

ねぇよ!!」

 ニノマエはオレを引き合いに

出した。


「あのねぇ~!オレだって、」

 不毛の言い争いをしていると

、 

「お黙り!!」リオが怒鳴った。

「ニノマエ君!あなた、自分が

容疑者になった事件よ!!マジで

、身の潔白を証明しなさい。」

 リオが命じた。

「はぁ……、わかりましたよ。」

 渋々、ニノマエは従った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます