第290話 劇団姫乃座5

「でも、事件の前日、もう一人、

容疑者が出現したの。

ニノマエ君よ!!」

 リオが、指を差した。


「あ!オレ!?」 

 急に、指を差され焦っていた。


「そ!」

 姫乃はニヤッと笑い頷いた。

「事件の前日、ニノッちは、

麻美さんと揉めたンでしょ!」


「あ!ああ……。」

 ニノマエは苦笑した。

「じゃ、それを再現して!!」

 姫乃にリクエストされた。


「再現ッて……!?」

 ニノマエは躊躇していた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます