第286話 劇団姫乃座2

「ねぇ!もう、五百万頂戴!!」

 リオは、またオレに手を差し

出した。

「また………!」

 【真犯人】役のオレは顔を

歪めた。


「こうして、【真犯人】は、

このまま、ずっと、恐喝(ユス)られるなら、いっそ………!!」

 姫乃がオレにアイコンタクトした。

「くっそ~、このまま脅迫(ユス

)らンなら、いっそ、

殺してしまおう!!」

 【真犯人】役のオレは震える

くらい拳を握った。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます