第280話

「もう、要らないよ!10分だけ

話しを聴こう。」

 百目鬼は、姫乃を見詰めた。

 秘書は、そそくさと部屋を出て

いった。


「さっさと、本題に入ってくれ!

こっちだって忙しいンだ!!」

 百目鬼は、高そうな腕時計を

見た。

「ええ、私だって、暇つぶしに

関わった事件ですから、

どうせ、依頼人からは、大した

報酬は頂けないでしょうし、ね!

 姫乃は、長い脚を組み換え、

ニノマエを見た。

 ニノマエは照れ笑いを浮かべた

 姫乃は下着をはいてないのか、

思わず、覗き込んでしまった。



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます