第277話 オジ様~チュッ💋➰💕

「キミ~、警備員を呼んで来た

まえ!!」

 女性秘書に命じた。

「お待ちなさい。その必要は

なくってよ!!」

 姫乃は、スマホで誰かに連絡を

取っていた。

「あの………?」

 秘書は、戸惑っていた。

「ああ、オジ様~チュッ💋➰💕

今、ちょっと、百目鬼仁義先生の

トコに、来てンだけどね!!」

 全員の視線が、姫乃に釘付けだ

「はい。先生!代わってって!!

 姫乃は、百目鬼仁義にスマホを

差し出した。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます