第278話

「だ、誰だね……?」

 百目鬼仁義は眉をひそめた。

「出れば、解かるわ!むしろ、

出た方が良くってよ!!」

「な………!」

 百目鬼は強気の姫乃に押され、

仕方なく受け取った。

「もしもし……、代わりました。

………え!?」

 向こうが名乗ったのだろう。

 瞬時に、百目鬼の顔色が

変わった。

「あ!先生がナゼ………?」

 動揺を隠せない。額から汗が

滲んだ。

「あ、はい………!わかりました

。はい!代わります!!」

 百目鬼は、スマホを姫乃に

返した。

 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます