第271話

 姫乃の先導で、オレたちは、

ある議員事務所を訪れた。

 ノックをし、返事も待たずに

ドアを開けた。

「宜しくって!?」

「え!?どちら様でしょうか?」

 女性秘書は目を丸くしていた。


「キララ姫乃よ!先生は、

こちらかしら!?」

「あ、ちょっと……」

 秘書の制止も省みず、姫乃は

勝手にドアを開けた。

 部屋の中では男が机の中の

モノを整理していた。

「なンだ!?キミたちは……?」


「初めまして!先生!!

キララ姫乃です!宜しく!!」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます