第270話

 姫乃の言う通り、大物代議士の

第一秘書と名乗る中年の男に

案内され、堂々と議院会館の中へ

入った。


「オジ様は元気かしら!?」

「はい。姫乃先生に、宜しくと

申してました。」

「フフン、じゃ、後で

連絡するって言っておいて!!」

「はい。わかりました。では……

!」

 第一秘書が去っていった。

「っで、ど~すンだよ!」

 オレは心配になって訊いた。


「大人しく着いていらっしゃい。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます