第257話

「あのねぇ……」

 シャレになンねぇって……!


「フフ、ノア!」

 姫乃は微笑んで、オレに抱き

ついてきた。

「パンティ、しゃぶるより、

もっと良いモン、しゃぶりたく

ない!?」

 姫乃の色っぽい囁きに胸が

昂(たか)なった。

 濡れたタオル越しに柔らかな

胸の膨らみを感じた。

 



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます