第256話 パンティ盗んで

「フフン、パンティなんか盗って

、何する気……!?」

 キス寸前まで顔を近くまで

寄せてきた。甘い吐息がオレの

頬を撫でていった。


「だっから……、盗ってないって

………!」

 憧れの姫乃が、すぐそこだ。

 視線は、濡れたタオルが

巻かれた胸元にロックオンしていた。

 そこには、日本一、美しい

乳首がピンクに輝いていた。

 ゴクッと生ツバを飲んだ。


《姫のパンティ、盗んで、匂い

嗅いで、しゃぶるつもりや~!》

 ナポレオンが喚いた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます