第255話

「そんなに、私の下着が欲しいの

……?」

 姫乃はタオル一枚だ。


 濡れたまま、タオルを巻いたの

だろう。タオルが濡れて、うっすらと胸の辺りが透けて見えた。


「あ、いや、オレじゃないン

だって!し、信じてくれよ!!」


《信じられっか~🎵

 エロ童貞(バージンキッド)

 が~~🎵🎵》

 ナポレオンは、言いたい放題だ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます