第253話

《助けてくれ~~!》

 また派手なパンティをくわえて

翔んで来た。

 オレの頭上で下着を落としていった。

 手に取って広げてみると透け

透けでヒモのようだ。

 具がハミ出すンじゃないかっ

てくらい生地の面積が小さい。


「ノア!!」

 姫乃が、バスタオル一枚で

キッチンに駆け込んで来た。

「あ!」

 オレは、姫乃の透け透け

パンティを持ったまま固まって

しまった。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます