第252話 好き?巨乳アイドル

「ノア君は?」

「え?」

「ノア君は好き?巨乳アイドル

……!!」


「え、う~ん………。」

 オレは、はにかんで頷いた。

「ランの事は、好きだよ!

別に、巨乳だからってワケじゃ

なくッて!!可愛いから………」

 顔を紅くしてボクが告白しようとした時、不意に、姫乃の怒声が

響いた。


「こっら~!

このエロインコがぁ~~~!!」

 ドタドタと廊下を駆けて来る

音がした。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます