第245話

「ここなら、家賃はタダで、3食賄(まかな)い付きって事で、

厄介になってンじゃない?」

 メグが開き直った。

「あのねぇ……、そんな好条件の

物件がどこの世界にあるンですか

!!」

 ボクは立ち上がった。

 メグらは、ほぼ、下着のような

格好なので、目のやり場に困った

 なるべく下着は見ないように

した。

「家賃は、タダで、構わないけど

食事の仕度くらい各々、自分で

賄(まかな)ってくれよ!!」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます