第231話

「仕方ないでしょ!私が聴いて

上げるから、どうぞ。」

 リオが促した。

「フフン、観衆が少なくって、

気が進まないけど……、」


《オレ様が聴いてやるぞ!》

「オレも……」


「フ、じゃ仕方ないわ。」

 姫乃は観念した。

「麻美の部屋から咲希が逃げ

出した後、ストーカーの蟹沢が

部屋へ侵入したのよ。」 


「ええ、でしょうね。」


「けど、麻美さんのビリビリに

破けた服と頭からの出血を見て

自分以外の男に乱暴されたって

思ったのね。」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます