第230話

 ほどなく、蟹沢の死亡が

報告された。


 鑑識が蟹沢の部屋を調べて

いった。

「どうやら、蟹沢が【真犯人】の

ようね。」

 リオは、姫乃に訊いた。


「フン、つまらない事件!」

 姫乃は不服そうに鼻で笑った。

「しょ~がねぇだろ!

蟹沢が死んだンだ!!」

 オレは肩を竦めた。


「さぁ、姫!?あなたのご自慢の

推理を聴かせて!!」

 リオ。


「何よ!相手役がいないのに、

独演会をさせる気……?」




 



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます