第232話

「当然、蟹沢は欲情して、上着を

さらに、ビリビリにしていったのね。」

《オッパイ、ポロリや~!》


「ええ、でも、その時、

麻美さんが、息を吹き返したの!

「ッで、悲鳴を上げられて

首を絞めた……?」

 リオが言った。

「ええ、その後、麻美さんと

ニノッちが揉めて剥がれた付け

爪を落としていったのよ。」

「それで、DNA 鑑定の結果、

ニノッちが容疑者になったって

ワケか。」


「うん……!ま、そう思った

ンだけどね。つまんないでしょ。

それじゃ……!!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます