第224話

「え~!?ボク、無実なンです

けど……!釈放してよ~!!」

 ニノマエは不服なようだ。


「は~! そんな事、私に、

言うンじゃねぇ~!!」

 姫乃は逆ギレだ。

「悪いのは、日本の司法制度

でしょ。無実だろうが、

冤罪だろうが、即時釈放なんか、

出来ねぇ~ンだよ!!」


「う……?」

 ニノマエも返す言葉がない。


「さぁ、お待ちかねの

【クライマックス】よ!」

 姫乃を先頭にオレたちは従った

《おマツコ・デラックスや~!》

「いや、全然、違うって……!」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます