第196話

「あ、もしもし、冨田です。

申し訳ありませんが、至急、

麻美さんのトコへいらっしゃって

下さい。はい………。お待ちして

居ます。」

 冨田はスマホを切った。


 やがて、玄関のドアが開いた。

 ゆっくりと足音が近づいてきた

 誰だ!?

 一体、誰が入って来るんだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます