第194話

「はい、麻美さんには、良くして

貰ってましたから………。」

 姫乃を追い玄関へ向かった。


「どうだった。中へ入ったら?」

 逆に、リビングへ引き返し

ながら訊いた。


「はい、正巳さんが、犯人が

潜(ひそ)んでいるかもって、

言うので……。恐る恐る入って

行きました。」

 咲希は、押川を振り返った。

 おネエは、ウンウンと頷いた。


「どの辺りで、麻美さんの

遺体を確認したの。」

 リビングに入った姫乃は、

咲希に尋ねた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます