第193話

「っで、一緒に、この部屋へ

向かったのよ。」

 押川が、指で部屋を差した。

「警察へ通報は?」

 姫乃。


「途中で掛けたわ。だって、

人が殺されたトコなんか、初めてだったから。」

 押川が言い訳がましく言った。


「咲希さんは、この部屋へは

何度か、入った事があるンでしょ

!?」

 姫乃は、また玄関の方へ向かった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます