第192話

「まぁ、良いわ。

ッで、そのあと、押川さんは、

逃げて、どうしたの……?」

 姫乃が聴いた。


「うん……。」

 チラッと、手嶋咲希の方を見た

「警察へ報せなきゃって思ったら

、咲希ちゃんに会ったのよ!

ねぇ!?」


「はい、ラインを受け取った

から………!!」

 神妙な面持ちで頷いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます