第183話

「さぁ、まず、押川さんが、ここに訪ねて来たのね!?」

 姫乃は、テキパキと指示を

送った。

「え?ええ……。」

 ヒゲ面のおネエ、押川は頷いた

「ラインを受け取ったから……

?」

「ええ、そうよ。麻美ちゃんから

、『早く来て~!!』って!」

 押川は、大袈裟なジェスチャー

を交えて説明した。


「なるほど、ッで、ドアは!?」

「え?ドア……!?あ、ああ…

……」

 ゾロゾロと、一同は玄関に来た


「このマンションは、ドアが

オートロックになっているわ。」

「ああ………、そうね。でも

開いたのよ。」

 おネエ言葉だ。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます