第184話 オートロック

「《真犯人》が、ドアを完全に

閉まらないよう、靴か、何かを

挟ませたンじゃないの。」

 オレが言うと、

「ええ、そうね。」

 リオたちが悩んだ顔で頷いた。

 姫乃は、余裕の笑顔だ。


「とにかく、ドアにカギは

掛かってなくて、部屋へ入れた

のね。」

 姫乃が押川にネンを押した。


「え、ええ、そうなの。」

 おネエが何度か頷き、一同、

部屋の中へ入った。












  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます