第175話 勧誘

 オレは、二階堂理沙に頭を

下げた。

「すみません。冗談ですから。」

「フン!」

 理沙は憮然としていた。

 オレは、何度も頭を下げた。

 何で、オレが謝らなきゃならないのか。


 メイクルームを出ると、外では

、姫乃がマネージャーから、

勧誘されていた。


「あ、見たことあると思ったら、

キララ姫乃さんですよねぇ。

どうです。ウチで、キャストと

して……?

もちろん、それなりの契約金は

お支払いしますので。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます