第174話

 本城アミは、名刺入れに入れたが、二階堂理沙は、鏡台に放り

投げた。

「では………。」

「待ってよ。姫乃さんだった

かしら………?」

「ええ、何か。」


「麻美の代わりにウチで働かない

!?」

「う~ン!止した方が良いわ。」

「え?」

「だって、私がキャストに

なったら、二階堂さん、ナンバー2(ツー)ですから。」

「な!!」


「では、失礼!!」

 姫乃が立ち去った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます