第173話 本城アミ 2

「あなたが、この店で麻美さんと

一番仲が良いンですね!?」

 姫乃が訊いた。


「一番か、どうかは………。」

 アミは顔を伏せた。


《ベッピンさんやン!!》

「いえ、そんな………。」

「お前は、誰彼、かまわねぇ~の

か。」


「先月の29日から2日の間に

麻美さんに何か、あった!?」


「え?さぁ……。」

「解かったわ。じゃ、他に何か、

気が付いた事はない?」

「え?そうね。小物類やお金が

よく無くなるって………。」

「そう、他には………?」

「いえ、あとは………別に、」


「そう、ありがとう。後で何か、

思い出したら、ここに、連絡して

………。」

 アミと二階堂理沙に名刺を

渡した。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます