第172話 本城アミ

「あ、はい。たぶん、29日じゃ

ないかと………」

 アミが応えた。


「あとは、アミに聴いて!

彼女が、麻美の側近だから…

…。」

「いえ、理沙さん、そんな事は

……。」

 あたふたしていた。

 ナンバーワン、争いをしていた

麻美が亡くなって、側近としては

辛い立場だ。


「アミさん?フルネームは!!」


「はぁ、本城アミです。」

 美人だが、地味な感じだ。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます