第166話 二階堂理沙

「私、弁護士!高瀬麻美さんの

事で、二階堂理沙さんにお訊き

したいンだけど。」

「え、弁護士………?

 ウソ!!」


 オレたちは、メイクルームへ

通された。

「理沙さん!弁護士が、麻美の

事で、訊きたいって。」

 マネージャーが伝えた。


「麻美の………?」

 鏡の前で、振り返らず、メイク

をしたまま気のない返事をした。

 さすが、高級クラブのナンバー

ワン、キャストだ。

 オスカー女優のように美しい。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます