第165話 クラブ《ビーナス》

「さぁ、着いたわ。早漏なんだから、とっとと、イッちゃいなさい

。」

「早漏じゃねぇ~って、

言ってンだろ~!!」

《早よ~、イッちゃえや~!

早漏ノア!!》

「お前ら、な~!」


 オレたちは、銀座の高級クラブ

《ビーナス》へ入って行った。


「あ、お客様、まだ営業前なん

ですが………!」

 マネージャーらしき中年の男だ

。渋い二枚目だ。


「客じゃないわ。」

「あ、キャストの面接ですか。

いっや~!お綺麗で!!」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます