第162話 百目鬼(どうめき)仁義

「中、見せてよ~!」

 姫乃は、部屋へ入ろうとした。

「ちょっ、ダメだよ。」


「大丈夫よ!私、50人くらい

筆下ろししてんだから~!」

 おいおい、それって、

イバって言う事か。


「別に……、オレは!」

「こういうトコ、馴れてンのよ。

キモい童貞(バージンキッド)

相手に、ね!」

 姫乃は強引に入った。

「ちょッと………!」


 室内を見回した。

 振り返ると、

「あら、民々党員なの~!?」

 ドアの裏に民々党の

百目鬼(どうめき)仁義議員の

ポスターが貼ってあった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます