第161話 蟹沢守生4

「かなり、荒(すさ)んだ

生活のようね。」

 姫乃は、部屋の中を覗き込んだ

「ちょっ、放っといてくれよ。」

 ドアを閉めようとした。


「麻美さんに、5千万、貢いだ

って、話しだけど………?」


「フン、大袈裟だよ。」

 そっぽを向いた。


「でも、家賃も相当、

滞(たま)ってンじゃないの。」


「別に、個人情報だろ。」 


《アッチの方も溜(たま)って

ンやろ~!》

「あのねぇ………。」

 蟹沢はイラついていた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます