第160話 蟹沢守生 3

 蟹沢は在宅していた。中は、

玄関のすぐ横に小さなキッチンが

あり、奥に四畳半、ひと間だ。

 オレたち、四人は廊下に

列(つら)なって事情を訊いていた。

「あ!キララ姫乃じゃん!」

 蟹沢も驚いているようだ。


「もう一度、麻美さんの事で

お訊きします。」

 リオが訪ねた。

「別に……、何にもないよ。」

 そっぽを向いた。


「何にもないワケないじゃない。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます