第153話 手嶋咲希 3

「もしもし、手嶋咲希さんですね

?」

 スマホに姫乃が呼び掛けた。


『は、はい………!』

「弁護士の姫乃と申します。

2、3質問、宜しいでしょうか。

『弁護士さんですか……?』


「ええ、あなたは、麻美さんとは

親しいンですよねぇ~!?」


『は、はい……』

「2と言う数字に心当りは、

ありませんか。」


『2ですか………。』




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます