第150話

「別に、何も話す事はないわ。」

 冷たい態度だ。

 ヒゲ面、押川のお目当ては、

若手刑事の冨田の方だ。


「麻美さんから、ラインが

来たンですね!?」

 冨田の質問には、

「そうなの。麻美ちゃんからぁ!

 笑みで応えた。

 解りやすい性格だ。

 どうやら、美女は二人とも

形無しのようだ。


 事情聴取は、冨田にお任せだ。

「麻美さんの知り合いの中で、

ピースサイン、もしくは、数字の

『2』に関係する人を知りません

か?」

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます