第148話

「ああ、姫乃さんね。」

「姫で良いわ。私もリオって、

呼ぶから!」

 二人とも顔では笑っていても、

バチバチと視線が火花を散らして

いた。


「うっわ~!エロ弁護士(ベン)対 無駄に美しい警部補か?」

 オレが茶化すと、

「何、そのゴジラ対キングギドラみたいな言い方は!」

 リオに睨まれた。

 姫乃は、可笑しそうに笑って

いた。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます