第147話 押川正巳

 リオたちが先客で、ヒゲ面の

押川正巳に事情を訊いていた。

 一斉に、こちらを向いた。

《リオ~~!》

 ナポレオンが興奮して飛んで

いった。


「あら、無駄に美しい警部補さん

でしたっけ……?」

 姫乃が揶揄を込めて言った。

「石動(イスルギ)リオです。

エロ弁護士(ベン)の………。」

「姫~~!!」

 冨田は嬉しそうだ。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます