第145話

「宜しくお願いします。」

 ランも頭を下げた。


《任しとけや~!なまラン!!

たまラ~~ン!!》

 ナポレオンが胸を張った。

 

「ええ、私がエロ~く解決して

差し上げるわ!」

 姫乃がウインクした。


「はぁ………。」

 生天目ランは苦笑した。


「ナンだよ。エロ~く解決って

………?」

 姫乃がオレの義理の母親とは

信じたくなかった。










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます