第119話

「接見だって、時間が決められて

ンだよ!とっとと、事件の経緯を

説明しなさい!」

 全く姫乃の言う通りだ。

「はぁ、えェ~っと、麻美から

『早く来て!!』って、ラインが

あったンだ!」


「ラインが?何時ごろ……。」

「えェ~、11時過ぎかな。」


「そりゃ~!美女からのお誘いだ

!!」

《イクイク~!》

「まぁ、麻美のトコへ向かったン

だ!」

「ッで、麻美さんの部屋へ着いた

のが……?」 

 オレが訊いた。

「11時半には、なっていない

と思う。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます