第117話 ビミョ~じゃン!

「80万?くらいかな……」


「ちょっとじゃないだろ~! ビミョ~じゃンかよォ~……」

 オレは呆れた。


「そうねェ~。80万だと、かなりビミョ~よねェ~…… 殺人事件が起きても不思議じゃないわ」

 杏璃も納得した。


「あのねぇ~! たった80万で人なんか、殺さないって!!」


「解ンないわよ!ビミョ~ねぇ。

『お宅のマネージャー、ブサイク?』って、訊かれた時くらいビミョ~よ!」

 メグはトンチンカンな事を言った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます