第101話 下着を盗んだのは

「な、何がですか~…😲💦💦」

「アンタでしょう。エロインコ、使って私の下着を盗んだのは~!?」

 メグが仁王立ちで睨んだ。

 おいおい、悪いけど、下から見上げると生の《具》が全開だぜ。

 もちろん、ここでは書けないけど……


《せやで~! ノアにパンティ盗めって、めいじられたンや~~!》


「ウソつけ~❗❗ オレは、そんな事、命じた覚えはねぇ~!」

 当然、視線はメグの《アソコ》にロックオンしたままだ。


「じゃ、何で、下着の匂いを嗅ごうとしてたのよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます