第100話 ヤバい部分が

「ノア!」

 姫乃がオレの股間を踏みつけた

「いったたた……!」

 グリグリと股間を踏みにじった

「この私に顔面シャワーなんて、

100年早いわ!!」

 

「いや、100年後なんか、顔面

シャワー出来ませんよ。って、

言うか、コーヒーを吹き掛けた

だけでしょ~!」


「アンタなんだろ!」

 今度はメグだ。下から見ると、

《ヤバい部分》が丸見えだ。

『うっわ~~~~!!!!』

 もちろん、公開停止になるので

詳しくは表現出来ない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます