第97話

 その時、バタバタと

ナポレオンが飛んできた。

 口にピンク色の何かをくわえて

いた。

 その何かをオレの頭の上に

落っことした。

「え?」


「こら~待て~~!

エロインコ~~!!」

 すぐに、メグが追い掛けて

リビングへ駆け込んで来た。


「ぶ~~!」

 オレは、メグの格好を見て

驚きのあまり、飲んでいた

コーヒーを吹き出した。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます