第95話 大和家の屋敷

 神倉市は、都心から一時間

足らずとアクセスも良く、繁華街

は賑わいを見せていた。


 少し足を延ばせば閑静な住宅街

が並んでいた。

 中でも、目を見張るほど大きな

屋敷があった。

 オレの実家、大和家の屋敷だ。


 リビングには、オレの他、

義理の母親、キララ姫乃と 

C-4(シーし)隊のメンバー、

黒川杏璃がいた。


 そして、オレの横には、

新メンバーの生天目ランが座って

いた。

 ナゼか、オレの屋敷は合宿所と

して使われる事になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます