第94話 無事、決着した

 ランは、目を瞑(と)じて首を振った。

「私をC-4隊のメンバーにして

下さい。」


「はぁ……、じゃ、ヨロシク!」

 ニノマエは握手を求めた。

「お願いします。」

 ランは頭を下げて握手した。


《オレ様が、たまランのファン

1号や~!》

 ナポレオンが興奮して飛び

回っていた。

 

 取り敢えず、チカン冤罪事件は

無事、決着が着いた。


 これが、エロ弁護士(べん)、

キララ姫乃とオレたちが関わった

最初の事件だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます